ごあいさつ

専攻医管理委員会 委員長
副院長

大野 恭裕

和泉市立総合医療センターは地域の基幹病院として、救急医療、高度専門医療を担っています。専攻医として総合内科専門医、内科系サブスペシャルティー専門医を目指す先生にとって、希望される後期研修が可能な病院です。

内科は消化器内科、肝胆膵内科、循環器内科、腫瘍内科、呼吸器内科、血液内科、腎臓透析内科、リウマチ・膠原病内科、内分泌・糖尿病内科、脳神経内科があります。それぞれの診療科で専門性の高い指導医・スタッフが揃っており、ほぼ全ての内科疾患を経験出来ます。
また、アイソトープ検査、血管造影など高度な画像診断や放射線治療を行っており、外科系診療科も充実しています。他科との相互連携が円滑で、内科医として様々な病態の診断から治療まで、全てを院内で診ることができることも当院の強みであり、医師としての見識を高めることができます。

専攻医の先生には、専門領域の理解をより深めてもらうようにリサーチマインドを持って臨床研究への参加や症例報告を積極的に指導しています。

後期研修医の皆様、私たちと一緒に当医療センターで一緒に充実した医療を実践しましょう。